引越し侍 最短1分で料金相場がわかる!

 

引っ越し料金を大きく変動させる要因とは?

引っ越し費用を安くするカギは『日程』です。そして、あなたの引っ越し日程は、以下の6つの条件を満たす事が重要です。
 

(1)3月~4月上旬の繁忙期を外す。
(2)平日(火・水・木)を選択。
(3)週末なら、土曜日よりも日曜日を選択。
(4)月末(29日~31日)を外す。
(5)連休なら最終日を選択。初日や中日は外す。
(6)仏滅や赤口を選択。大安は外す。

 

上記6つの条件のうち、1つでも多くの条件を満たした方がより引っ越し費用を安くあげることが可能になります。

現在は、引っ越し料金の比較見積もりがネットで可能な為、あなたの引っ越し条件で、各引っ越し業者の見積もり額を知る事は簡単です。 しかし、「引っ越し業者の比較」だけでは、本当に安い引っ越し料金にたどり着くことはできません。

「引っ越し業者の比較」以前に、「あなたの引っ越し条件」が重要となる事をご存じでしょうか?

「あなたの引っ越し条件」とは、主に「転居先」「荷物の量」「日程」。つまり、引っ越し費用を決定付ける条件は主に上記の3つとなります。

3つの中で、「転居先」は変えようがありません。「荷物の量」も、生活必需品を劇的に少なくはできません。しかし、唯一「日程」だけは、柔軟に計画を練り直せば、部分的にでも変更することが可能です。

実は、この日程次第で、引っ越し費用は大きく変動します。

「日程」を詳しく言うと、「休日・平日」のどちらか、「何月」なのか、「月のいつ頃(上旬・中旬・下旬)」なのか、「何曜日」なのか、「午前・午後」のどちらか、「六曜(大安・仏滅など)」にこだわるのかなどの主要6点です。

費用が安くなる「日程(引っ越しの時期)」を知り、日程を安くなる条件に可能な限り近づけて、その上で、引っ越し業者の見積もり比較で業者を厳選し、訪問見積もりを依頼して交渉できれば、引っ越し費用を安くする前提が整います。

このサイトでは、最適な日程を組む条件を提示しながら、引っ越し費用を安くする方法を解説していきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


3月~4月上旬の繁忙期を外す:重要

毎年4月は年度替わり。

学生は進学、新社会人は就職、社会人は転勤や転職と、多くの人が4月の新年度に新天地へいっせいに引っ越しをする時期が3月~4月。つまり、引っ越し業者にとっても、この時期は、1年間の売上を左右する程の重要な繁忙期となる為、年間で最も引っ越し料金が高くなる時期です。3月~4月に引っ越し料金が高い本当の理由とは?

では、引っ越し時期がやむを得ず3月~4月となってしまった場合、一体どうすれば多少でも引っ越し料金を抑えられるのでしょうか?

3月~4月の引っ越し日程には、以下の3項目を考慮しましょう。

3月最後の週から4月第1週目だけは絶対に避ける。(超混雑期)
*3月なら上旬まで(中旬になる前)に引っ越しをする。
*4月なら第1週目の後に引っ越しをする。

 

上記3項目の内、1つでも多くあなたの引っ越し日程に組み込み、混雑期の費用を少しでも抑える工夫をましょう。

 


平日(火・水・木)と週末(日)の選択


1週間の曜日を比較すると、引っ越し料金を抑える事が可能なのは「平日」です。

特に、火曜日、水曜日、木曜日は、安くなる傾向にあります。

平日でも意外に安くならないのが、月曜日と金曜日。

理由は、月曜日と金曜日は週末と繋がっており、月曜日か金曜日(または両方)に有給休暇を取れば、土日との組み合わせで3~4日間を引っ越しに当てる計画の方が多数派だからです。

週末(土曜日・日曜日)は、引っ越し料金が常に高めです。

特に、土曜日はより高くなる傾向にあります。

理由は、土曜日に引っ越し、日曜日に荷解きして引っ越し完了とすれば、キリ良く週明け月曜日に新生活をスタートさせる予定を組む方が多数派だからです。

曜日の選択で費用を少しで安くしようとすれば、「火曜・水曜・木曜」が狙い目です。

*最も安くなる曜日:火曜日・水曜日・木曜日
*意外に安くならない曜日:月曜日・金曜日(平日では割高)
*できれば避けたい曜日:土曜日・日曜日
*最も避けたい曜日:土曜日

 

 


月末(29日~31日)を外す

一般的には、賃貸契約満了の日は月末である為、引っ越しは月末に集中します。

   

こうなると、月末に引っ越し依頼は多くなり、当然料金は割高になります。月末の引っ越しが割高になる理由の詳細はコチラ

月末は混雑期とはわかっていても、現実には、多くの方にとっては月末の引っ越しは避けられないようです。

しかし、「月末」という時期を細分化することにより、少しでも引っ越し費用を安くする打開策が見えてきます。

月末といっても、引っ越し依頼が最も集中するのが、30日と31日。月によっては、29日と30日。また、月の最後の週末(土・日)や連休も同様です。

月末(29日・30日・31日)、および、月の最後の週末(土・日)や連休を除いた月の中旬から下旬までに引っ越す事ができれば、最も割高な料金を避けることが可能になります。

できれば避けたい月末の引っ越しですが、可能な限りこの内容を考慮した日程を組むよう柔軟に計画を立ててみましょう。

*月末29日・30日・31日を避ける。
*毎月最後の週末・祝祭日・連休を避ける。

 

 


連休なら最終日を選択・初日や中日は外す

休日や大型連休などを利用して、引っ越しをする人が多いのは当然です。なぜなら、わざわざ有給休暇を取得する必要が無いからです。

引っ越し需要が高くなる休日や連休は、当然のごとく引っ越し業者も強気で、値引き交渉は厳しくなります。一年の休日の内、引っ越し費用が高くなるのは、以下のような休日や連休です。

(×)年末年始
(×)ゴールデンウィーク
(×)お盆休み
(×)土曜日・日曜日(特に土曜日)

 

引っ越し需要が高い休日には、休日割増が含まれたり、業者の人件費が高くなるなど、引っ越しの料金は割高となります。

とはいえ、連休を利用するしかない場合には、連休の最終日あたりを狙うと、料金は少し安くなる傾向にあります。理由は、引っ越しを連休初日から中日で始めて、連休の最終日あたりで引っ越しを終えようと計画する人が大半である為、連休最終日からの引っ越し依頼は落ち込むからです。

やむを得ず休日や連休を利用して引っ越しをする場合、連休の初日や中日は避け、最終日あたりで日程を組む工夫をしてみましょう

*連休を利用する場合は、最終日あたりを狙う。
*連休の初日や中日は避ける。
(注)引っ越し料金が割安なのは平日です。

 

 


仏滅や赤口を選択・大安は外す

 
    

大安は、引っ越し業者が強気で、値引き交渉には不利な日です。

理由は、大安は何事にも縁起の良い日とされ、引っ越しにも大安吉日にこだわる方が多い為、引っ越し需要が高まるからです。

逆に、縁起の良くない日とされる仏滅は、引っ越しを含めた行事には敬遠される傾向にあります。故に、仏滅の日の引っ越し需要は非常に低くなる為、引っ越し料金は割安となります。

現実には、大安や仏滅などの六曜は迷信に過ぎません。仏教とも無関係で、科学的な根拠もありません。六曜(大安・仏滅)って何なの?

つまりは、あなたの意識次第で、どうにでも解釈できる日なのです。

あなたが迷信深くないのなら、大安吉日の引っ越しにこだわるより、仏滅の方が引っ越し料金は割安となります

*引っ越し料金が安くなる六曜:仏滅
*引っ越し料金が高くなる六曜:大安

 

 


引っ越し費用を安くする為の日程:

日程(月・曜日・時間・六曜)次第で、引っ越し費用は高くも安くもなります。

引っ越しをする人が一斉に行動を起こすピーク時とその前後は、当然ながら費用が高くなります。

費用が安くなるこれまでの条件を1つでも多く実行して、ピーク時の料金が高くなる諸要因を少しでも避けて計画すれば、費用を節約することが可能です。

ここまでの本サイトの内容を要約すると、冒頭でもお伝えした通り、引っ越し費用を安くする日程のカギは以下のようになります。

(〇)3月~4月上旬の繁忙期を外す。
(〇)平日(火・水・木)を選択。
(〇)週末なら、土曜日よりも日曜日を選択。
(〇)月末(29日~31日)を外す。
(〇)連休なら最終日を選択。初日や中日は外す。
(〇)仏滅や赤口を選択。大安は外す。

 


複数の引っ越し業者の見積もりを比較

日程を含めた引っ越しの全体像が決まったら、インターネットの引っ越し業者の一括比較サイトを利用して、複数の引っ越し業者から見積もりを取る事をおススメします。インターネットの引っ越し業者の比較サイトは、あなた(依頼主)に大きなメリットがあります。

多くの業者から一括して見積もりを取り、それぞれを比較する事により、あなたの引っ越しをより安く引き受けてくれそうな候補を約3分程で見つけられるところが最大のメリットです。

インターネットの比較サイトは、あなたの都合の良い時間に必要事項を入力するだけ、しかも、無料なので利用してみて損はありません

LIFULL 引越し
LIFULL 引越し
引越し侍
引越し侍
引越し達人
引越し達人
引越し価格ガイド
引越し価格ガイド

ズバット引越し比較
ズバット引越し比較

 


おススメの一括比較サイト一覧

おススメの引っ越し業者一括比較サイトは、以下の3つの基準で選びました。

(1)多くの引っ越し業者と提携している
(2)運営実績
(3)しつこい電話勧誘が無い

 

引越し侍

 

引越し侍 公式サイトはコチラ

・業界No.1 提携引越し業者数293社
・紹介件数3,800万件突破
・2006年から14年の運営実績

引越し侍 公式サイトはコチラ

ズバット引越し比較

 

ズバット引越し比較 公式サイトはコチラ

・提携引越し業者数225社
・利用者実績560万人
・2003年から17年の運営実績

ズバット引越し比較 公式サイトはコチラ

SUUMO引越し見積り

 

SUUMO引越し見積り 公式サイトはコチラ

・業界では唯一電話番号の入力は任意!
・電話でのしつこい勧誘無し!
・引越し業者とはメールでのやり取りとなります!

SUUMO引越し見積り 公式サイトはコチラ

引越しラクっとNAVI

 

引越しラクっとNAVI 公式サイトはコチラ

・しつこい営業電話は無し
・成約した引越業者とのみ電話番号で連絡

引越しラクっとNAVI 公式サイトはコチラ

上記3つをおススメの基準として選んだ理由は、利用者が業者に引っ越しを依頼する場合、メリットとして(1)「提携数」と(2)「実績」を挙げ、デメリットとして(3)「しつこい電話営業」を挙げている事実からです。

3つ全てを満たしている比較サイトはありませんでしたが、各基準で実績のある上位サイトを選びました。

 


まとめ:迷った時のイチ押し比較サイト

それぞれの比較サイトに特徴がありますので、端的に各サイトに優劣をつけられません。

しかし、どれにしようか迷ってしまった場合、当サイトのイチ押しおススメは、運営実績業界最多の提携業者数から、一番安い引っ越し業者が見つかる可能性が最も高い引越し侍です。

また、しつこい電話営業が苦手な方(特に女性)には、【SUUMO引越し見積り】をおススメします。

あなたの引っ越しが、希望により近い形で実現することを願っております!

 

サイト管理人からご挨拶

2008年、転職を機に引っ越し。2013年、結婚をして引っ越し。2016年、子供が生まれて手狭になり再度引っ越し。引っ越しをする都度に要領も得て、引っ越し費用を賢く節約できるようになりました。素人だからこそ実践したい「安く引っ越しする方法」を参考にしてもらえれば幸いです。




© 2020 引っ越し費用が安くなる依頼方法 rss